洗面台の頑固な黄ばみクエン酸だけじゃ落ちない!?本当に落とすマル秘テクニック。

生活 住

                                                                                                                              毎日使う洗面所の頑固な黄ばみ。長年蓄積された汚れって簡単には落ちないですよね。

そんな頑固な汚れは、実はクエン酸だけじゃ完璧に綺麗にすることはできないのです!

引っ越しが決まって、なんとかしてこの黄ばみを綺麗にして退去したいあなた。

クエン酸と併用すれば、溜まった汚れを一掃できるかも!

洗面台の黄ばみはどうしてできるの?

洗面台の黄ばみの正体は、実は蓄積された水垢なのです。

特に洗面台の水垢は洗顔や手洗いの時に流れる人の皮脂、ハンドソープや洗顔料などの石鹸カス、そしてそこに水道水のミネラル成分が固まってできる水垢などが主な原因として発生します。

原因や特徴を知っていれば、お掃除や対策もできますよね!

スポンサーリンク

洗面台の黄ばみを綺麗に落とす?簡単ピカピカにする方法。

用意するものは、

万能なクエン酸水!クエン酸小さじ1/2杯に対し、水100mlの割合で混ぜればクエン酸水の出来上がり!

クエン酸は水垢や石鹸カスをお掃除するのに便利!

でも今回は長年蓄積されてきた頑固な汚れを落としたいので、プラスアルファー道具を準備しましょう!

準備するのはお掃除の定番である重曹!あとはスポンジと布巾だけ。

スポンジはあればメラミンスポンジの方が良いです。なぜメラミンスポンジの方が良いかというと、水垢自体、本当は硬い汚れじゃないんです。

でも長年蓄積されてきたため、普通のスポンジや歯ブラシでゴシゴシしたところで簡単に落ちなくなってしまっています。

でもメラミンスポンジはこんな汚れを削り落としてくれる研磨力があります。

お掃除用の洗剤やクレンザーを使わなくても、水だけで汚れを落としてくれるスポンジとして人気の商品ですよね!

最近では100円ショップでもたくさんの種類が売られているので、サイズ感など自分が使いやすそうな物をチョイスして用意してください。

お掃除の定番の重曹はクエン酸と成分が異なる弱アルカリ性で、油汚れや皮脂汚れに強いです。

また水に溶けにくいので、クレンザーとして研磨に使用する方法がおすすめです!

まずは洗面ボウルにキッチンペーパーかティッシュを敷き詰めて、上からたっぷりクエン酸水を吹きかけ、クエン酸パックをしましょう。

クエン酸の成分の蒸発防止と浸透促進のため、上からラップをかけておくと良いですよ。汚れ具合で放置時間は変わりますが、最低でも1時間はおいて下さい。頑固な汚れならそれ以上おくと良いです。

放置が終わったら、メラミンスポンジで軽く擦ってみましょう。メラミンスポンジは研磨力が強いため、強くこすりすぎると小さな傷がついてしまうので優しく擦るのがコツ。

クエン酸パックでも落ちない頑固な汚れには練り重曹が大活躍!

適量のお水と重曹を混ぜてペースト状にしてください。まずは練り重曹を汚れ部分につけて、練り重曹パックをしてください。

キッチンペーパーやラップは不要です。このままクエン酸パックと同様、1時間以上放置してください。

練り重曹パックをする事で、頑固な汚れを浮かして落ちやすくしてくれます。汚れが浮いてきたら軽くメラミンスポンジで擦ってあげると綺麗になりますよ!

仕上げ重曹を流してしっかり拭き上げましょう。水分が残っていると、またそこから水垢が発生してしまいますからね。

 洗面台の黄ばみを落とすだけじゃ意味なし!手軽にできる予防法。

せっかく綺麗にしたのに、またすぐ黄ばみが発生したら悲しいですよね。日頃のちょっとした手入れで綺麗な洗面台をキープできますよ!

まずは、水滴を残さないこと。水垢や黄ばみが発生する原因である水分をこまめに拭き取る事によって水垢が発生しづらく、綺麗にキープすることができます。

また、洗面台周りには必要な物だけを置く、または必要なときにだけ持ってくるようにすること。

洗面台周りに例えば洗顔チューブやコップが置きっぱなしになっていると、底面に水がついたままになり、水垢や黄ばみの原因になります。

こういった日頃、小さな事を意識するだけで清潔な洗面台をキープする事ができますので、是非お試しください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました