子育て中のストレスママは必見。鬱症状を撃退!

生活 子育て

 

はじめての子育ては今までの生活と180℃違うので、子供が授かるまでは自由な時間を過ごしていた人も多いと思います!

子育て中はストレスがたまりやすく産後2~3週間くらいたつと、今までの疲れやストレスが原因で産後鬱病にかかる人もいるそうです。

産後鬱病にならなくても、俗にいうマタニティブルーは、ほとんどの方が経験されます。

お医者様に鬱病と診断されるまでには、私たちの体は、心身共にいくつかのサインを発しているものです。

しかし、様々な悪条件が重なり、そのサインは無視され、鬱病を発症させるという残念な結果になると、やっかいです。

子育て中のストレスで鬱病になった方の原因を知ることで、私達も学ぶことがあります。

 子育てで鬱病になりやすい方の特徴

なんでも完璧にしなくてはと責任感が強い。

出産するまで仕事などで失敗したことがない。
子育ての本の通りに子育てをしている。
昼間は一人で赤ちゃんをみている。
ストレスを発散できていない。
夫に悩みを相談していない。
食生活への関心があまりない。
など色々あります。

このような傾向の方は、決して一人で抱え込まないようにしてください。

子育て中のストレスで鬱病になる原因は、体の疲れと精神的なことが関係しています。

勿論、鬱病でなくても、知らないうちに無理をしているので、若くても意外に不調を訴えるものなのです。

産後のアレルギー症状も主なものとしてあります。

スポンサーリンク

産後鬱病とは

出産という、大きな幸せと引き換えに、女性ホルモンの一種であるエストロゲンが、脳の働きを円滑にする、脳内神経伝達物質の働きに影響を与えるとされます。

以上のことから産後すぐは、よく休養を取るために里帰りをするのも理にかなっているのです。

稀に良い環境であっても、ホルモンバランスに恵まれずに発症します。

その時に体のサインに気が付き、自分を責めずに、お医者様に相談しましょう。

出産直後から一ヵ月間は、心身ともに過度な無理はしないようにしましょう。

体のメカニズムの変化なので、大切な赤ちゃんの為に、自分を責めずに、明らかに体調の変化なので早めの受診がよいです。

産後鬱病の症状

眠れない

食欲がない

気分が憂鬱

疲れやすい

家事ができない

決断できない

これらの事柄は、明らかに正常の範囲を超えています。

抑うつ症状が出ているうちに対処すれば、病にならずに済みます。

まずは、地域の子育て支援センターに、相談したり、かかりつけ医に相談しましょう。

産後鬱病ではないが、不調であるあなたへ

育児に携わるお母さんなら、ほぼ同じ条件です。

では、なぜ鬱症状から鬱病までなるお母さんと、ならないお母さんに分かれるのでしょう。

自分のストレス、つらさを、ため込んだままにいることが、鬱病の始まりとされます。

そこに、乱れた食生活、睡眠不足、疲れなどが、拍車をかけ発症するといわれます。

頑張りすぎないことです。

しかし、最大の原因は、誰もそのことに関わってくれなかったということなのです。

ある心理療法家は、たった一人でも話を聞いてくれる人がいれば、そこから改善されると忠告しています。

スポンサーリンク

産後鬱の様な症状を、乗り越えた私の体験

はじめて子育てをしたときは、30歳くらいで今まで住んでいた場所から離れて新しい場所で生活をしていました。

知り合いもいない場所で生活をしていると、昼間は赤ちゃんと二人きりで過ごすことが多いため、話す相手もいなかったです。

産後すぐは、一か月実家で、のんびりできていました。

しかし、帰宅後一か月くらいたつと、今までの疲れや睡眠不足などが原因で、昼間は子育てや家事をしているだけで体がだるくて眠くてたまりませんでした。

寝不足で疲れがとれていない中、生活をしていたため、やる気が空回りして、感情面も過敏になり、昼間泣いている自分が今思うと、産後鬱の症状と似ています。

常にマイナス思考でいつまでこの生活が続くのか心配で悩んでいるときもありました。

夫が帰ってきたら元気に振る舞っていましたけど、睡眠不足や疲れが原因で、週末の買い物に行く事さえもしんどくて、どこにも外出しない期間が4ヶ月くらいありました。

私の症状は、そこまで重くなかったので病院には行きませんでした。

寝不足で毎日を過ごしていると考えることが面倒になって、家事や子育てができなくなる事も度々ありました。

 

この体験を通して、子育てで何か悩みがあるときは、信頼できる友人や家族に相談することが大切と痛感しました。

たまには、子供を預けることに経費を使っても、友人と会って、楽しく過ごすことも大切です。

少しでも子育て中のストレスが改善されて産後鬱病になるのを防ぐことができるかもしれません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました