家事の手抜きのコツ

生活 住

こちらの記事をご覧いただきありがとうございます。

忙しいママのお役に立てればと思い、家事の手抜きのコツを書いてみたいと思います

手抜きの方法は、3歳4歳からのお片付け

お子さんにいつも声をかけている時期ですよね。

「かたずけようね」「汚さないで」いつも言ってませんか?

「かたずけようね」言うときは、2回にしましょう。

食事の前

寝る前

 

ママが決めたかたずけの場所へ、持っていくと決めましょう。

かたずけの箱、ラックは、既成のものに必ず、子供と一緒に、絵を描くか、お気に入りのものを取り付けておきます。

遊び感覚でしつけると必ず喜んでやります。

二人いると、ちぐはぐになりますが、えこひいきをせず,そこへおもちゃなどを、運べたことをオーバーに褒めます。

出来なければ、今度出来るよ!というだけです。

ここでは、食べるところを意識させます。

好きなぬいぐるみが離せない時もありますし、特に寝る前に何か一つはおもちゃを離さないものです。

細かいことは言いません。

甘えたい時もあるし、性格があるので、ママが自分で仕切るのだけは止めましょう。

疲れる原因になります。

あまりにぐずったりかたずけないときは、食事するときに、寝るときに、おもちゃがあってなんでいけないの?との表現なので、

「お片付けの場所の○○チャンが、このおもちゃを呼んでるよ」とか工夫をしましょう。

こんな経験がありました。

寝るときに離さないおもちゃがあり、兄弟で、おもちゃの場所から全ておもちゃを寝るところへ持ってきました。

そんな時、何が役に立ったとおもいますか?

「トイストーリー」というアメリカのアニメーションでした。

4歳のお兄ちゃんが、それにはまって、「おもちゃさんは、お話するからね」と言い出しました。

弟は、お兄ちゃんの子分なので、「お話しするからね」と、リピートしていました。

ママも楽でたのしく、1日2回だけ、物を移動させると割り切りましょう。

自然に結果としてお片付けができると思います。

お子さんが多いママさんの家事の手抜きに、役に立つのが、わが子なのです。

今では、我が家は、三つ子の魂百までとのことわざ通り、掃除機かけからごみ出しまで子ども達だけでやってくれる事もあるほどです。

3歳4歳の下に、赤ちゃんもいましたから、小さいからまだ無理だと思わず、小さなことから頼ってみて片づけることを当たり前のことにせざるを得なかったです。

お皿洗いは洗い物の絶対数を減らそう

 

我が家は6人家族ですが食器棚は余白がたくさんあります。

人数分の茶碗、お椀、大きめの皿、小さめの皿、どんぶり、そして大皿料理に使う大皿が2枚とホールケーキを乗せるケーキスタンドが一つ。

それ以外のお皿は納戸に数カ月片づけた後、もう使わないと判断して処分しました。

そうすると使える食器の絶対数が減ったため、工夫して盛り付けをするようになり、日々使う食器の数が減りました。

また、次々にお皿を出すこと減り、洗うお皿の数も減って片づけがとても楽になりました。

家族が使うコップはマグカップで統一し、一人に一個のみにしています。

自分のコップは自分で洗ってしか使えないので、子どもたちも自分で洗うようになりました。

お客さん用のグラスやカップは別で保管していますが、日常使う食器を最低限に減らしたことで、子どもたちが次々お皿を出してくる

ことも無くなり、洗い物の手間が激減しました。

・苦手なアイロンはなるべく省こう

家事の中でもアイロンがけは大変です。

子どもが小さなころは特に子どもに気を配りながらになるのでさらに大変です。

なので、いかにアイロンがけを減らすことができるかいつも工夫していました。

今では形状記憶のシャツやアイロン不要の素材なども出てきたので取り入れています。

また、ハンカチなどの薄い素材は洗い終わって干すときに綺麗に畳んで干すようにしています。

薄い素材のものであれば畳んだまま干しても綺麗に乾きますし、その状態でタンスにしまうこともできます。

朝ごはんは定番化する

毎朝の朝ごはんの準備、意外と大変です。

晩御飯の献立を考えるだけでも精一杯で朝ごはんの事まで細かく献立を決めるのが大変だと感じ、朝ごはんは定番化しています。

ごはん、味噌汁に卵、納豆、ウインナーなどのたんぱく質を1つつけます。

味噌汁は野菜をたくさん入れて具沢山にすることで野菜の栄養も摂れるようにしています。

夏場は塩分も水分もとれる味噌汁はかかせません。

前日の夜に炊飯の予約と味噌汁のだしをとっておき、あとは冷蔵庫の中にある一品を考えておけばよいのでとても楽になりました。

毎日似たようなメニューで不満が出るかと思いきや、朝から安定のメニューが変わらず出ることに安心感があるようで、子供たちも

受け入れてくれています。

コストも手間も省けるのでやってみて良かったです。オススメです。

家族を味方につけて自分も余裕を持ってご機嫌で過ごせるように小さなことから動き出してみてください。                                                                                                                                                                  

まとめ

子供を味方にする為に、小さい時から慣らすのが、大家族のコツです。

子供さんを沢山育てるには、断捨離がオススメです。

断捨離の本は、ネットで調べられます。断捨離のオーソリティ山下秀子さんに、私はかなり一時期はまりました、

住まいが綺麗とは、物が少ないことです。

以上、子沢山ママの 「家事の手抜きのコツに」お付き合いを頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました