電車移動がラクラクの紅葉狩りスポット、神戸で人気の須磨離宮公園

2019イベント 紅葉

                   須磨離宮公園は、駅より近くてアクセスが便利です。

須磨離宮公園は、山陽電車の「月見山」駅から徒歩10分です。

上の画像に四角のバラがありますが、月見山駅からの道路にこのバラが書かれています。

綺麗で親切な道案内です。

JRを使用したい方は、須磨駅からバスで行けます。

スポンサーリンク

須磨離宮公園の紅葉見どころ

スポット1

離宮には、イロハモミジが600本植栽されており、150メートルに渡るもみじトンネルは、絶景です。山奥でもなかなか見られない光景です。

スポット2

岡崎邸や、その和庭園は、昼夜問わず紅葉が楽しめます。

また、「もみじ鑑賞会」期間中はライトアップもされているので、離宮へは遅めの散策もおススメです。

スポット情報

例年の見頃
11月中旬〜12月上旬
紅葉の種類
イロハモミジ、サクラ、フウ、メタセコイア、ラクウショウなど
ライトアップ
11/16〜12/2・17:00〜19:00まで【通常閉館時間、17時】
絶景ポイント
和庭園、もみじ滝、花の広場、みどり滝、もみじ

アドレス

〒654-0018

兵庫県神戸市須磨区東須磨1-1

MAP

神戸市立須磨離宮公園

電話番号
078-732-6688
公式サイト
https://www.kobe-park.or.jp/rikyu

入場料

15歳以上(中学生除く)400円、小中学生200円

その他の離宮の見どころご紹介。

離宮に着くと入り口は、立派な石柱と木の門があり、大正天皇様の時代にタイムスリップします。

入り口から次の場までが、当時の馬車道を残していますので、脇の紅葉を楽しみながら、中門まで歩きましょう。

中門広場のこの木に圧倒されます。

離宮は、皇族の別荘でしたので、この木の後ろの白壁は、当時のものを残しています。

中門を出て、潮見台への入り口からは、海が見えます。

上の画像の噴水は、潮見台とは反対の庭園入り口にあり、ここからは、離宮公園のばら園が、広大な面積で広がります。

洋風庭園から、紅葉の見どころへ行くのにこのトンネルを通り抜けするのが、また面白いところです。

須磨離宮公園は広大な面積ですので、かなり歩きます。

服装、特に靴は疲れないものをご準備くださいね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました