「衝撃のアノ人に…」出演、田中史郎さんの身長、恩師は?妻の画像。

スポーツ選手

[ad]

田中史郎さんのプロフィール

田中史郎       たなかふみあき

生年月日       1985年1月3日   34歳

出身地         京都府

身長 体重       166cm    75kg

出身校          伏見工業高校   京都産業大学

所属チーム       パナソニックワイルドナイツ

ポジションはスクラムハーフ

 

田中さんの166cmという身長はラグビー選手の中ではかなり小さいのがわかります。

もし田中さんが高校時代に身長のハンディーを乗り越えられなかったり,

高校時代の試合の挫折で選手生命を絶っていたなら

2019年のワールドカップでの活躍は勿論、ワールドカップ連続出場という世界的な選手、田中史郎さんにはなれなかったそうです。

田中さんはラグビーの夢を諦め、体力を活かして実家の農家を継ぐことを

真剣に考えた時期もあったようです。

田中さんはお兄さんもラグビーをしている関係で、試合で人一倍悔しがりの田中さんのモチベーションアップのサポートは、ご結婚するまではお兄さんだったそうです。

小さい頃は、「ウルトラマンになりたい」といって周囲を笑わせていたようです。

力溢れる予感が本能であったのでしょうか。

「衝撃のアノ人に会ってみた!」先取り番組プチ情報。

衝撃のアノ人に会ってみた!11/6(水)よる7時放送

 

田中さんの筋肉を、チョコレートプラネットさんが触りギャグを入れています。( ´∀` )

番組では今回、田中選手の他にレメキ、ロマノラバ選手も出演されます。

レメキ選手の奥様も出演とのことです。

奥様は4人のお子様と自宅で感動の涙で各試合を見た映像が流れるようです。

今回のWカップでの家族の支えの偉大さに迫っていますよ。

リーチマイケル選手は映像での奥様と娘さんの紹介になります。

楽しみですね。

田中さんの奥様は元バトミントン選手で美人【画像】

 

女優さん?といわれるほど可愛らしですね。

身長は171cmでスタイルも抜群です。

田中智美さんの簡単プロフィール

旧姓   作山智美

1988年6月21日生まれ      埼玉県出身

 

お二人は、パナソニックの会社にぞくしており、

そのころ、友人を通して交際がはじまりました。

ラグビー、バトミントン部の合コンがあり、田中さんは欠席されたようですが、

縁がなかった二人ですが、会で知り合ったラグビー選手が

取り持つ縁んで交際が始まりました。赤い糸で結ばれていますよね。

奥様は田中さんの笑顔が可愛らしいと、良くコメントされています。

スポンサーリンク

田中史郎さんある恩師との出会い「衝撃のアノ人」より

ところで田中山といえば、恩師との熱いエピソードもあります。

伝説の学園ドラマ「スクール・ウォーズ」(TBS系)のモデルとなった

ラグビー教師山口良治さんと田中史郎選手の感動秘話が櫻井翔さんにより「衝撃のアノ人に会ってみた!」で紹介されました。

昭和40年代校内が荒れていた京都府伏見工業高校にラグビー部を作り、監督を務めたその感動秘話がドラマになったのです。

【山口良治さん76歳】

現在の田中さんがあるのは、恩師山口良治さんの一言

「小さい体でも世界に行ける」だったそうです。

今でも山口氏はチビの愛称を気に入っておられます。

田中さん以外にも沢山の優れた選手を輩出しました。

今回Wカップ出場の松田力也そのひとりです。

二人のWカップの試合をまるで父親の様にっ守っていたと話されており、選手への愛には心打たれました。

京都新聞には「2人に期待もあるが、大きな相手にタックルする心配もある」と田中氏の体の小さいのをハンディともせず育てた

監督ならではの責任を誇ると同時に、怪我を案ずる優しい父親的気持ちが出ている感動のコメントを寄せています。

ご自分も元日本代表であられましたが、今のラグビーの激しさと厳しさには

自分なら挫折をしているともコメントされています。

教え子で現在のラグビー界をここまでけん引した愛弟子、平尾誠二さんの早すぎる死に、「今回の試合を共に見たかった」とも語られました。

初のベスト8入りに「涙が出た。ラグビー文化が広がり嬉しい」

また「平尾君と共に観戦した」と相反する涙を流したことなど、様々なコメントをマスコミを通して語っておられます。

まとめ

伏見工業高校の伝統と、監督の熱意があってWカップへ出場できる

世界的選手が粛々と育てられていたことを知りました。

人間関係が希薄になる今、今回のラグビーワールドカップは日本中に

熱い感動を与えてくれました。

田中さんを通して、家族、恩師、仲間、絆、ハンディ色々なキーワードが

全て好転していくそんなドラマチックな人生を知り本当にうらやましいです。

今の日本に皆が忘れているものを思い出させてくれて、

本当にありがとうございました。[ad]

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました