鉄棒ダンサー上西隆史のストリートワークアウトとは?東大卒他紹介。

ダンサー
スポンサーリンク

上西隆史(じょうにしたかし)さん

ダンスグループWORLD ORDERを卒業し

現在ストリートワークアウトという筋肉を駆使したパフォーマンス鉄棒ダンスをされているのはご存じですか?

30歳からのトレーニングで、約3年現在ものすごい肉体になっている上西さんをご紹介。

ご報告】
私、上西隆史は
WORLD ORDERを卒業させていただきます。
新しいパフォーマンスの世界に飛び込んでいきます。
仲間とはまたお互い高みで共演しようと約束。
苦楽を共にした仲間達は宝物。

これからもW.O.をよろしくお願いいたします🙏
WORLD ORDER最高🕴💯
負けずに頑張ります❗️2018年5月27日

(以上、上西さんのTwitterの書き込みを引用。)

背広姿で街の中でダンスをするその幾何学的なパフォーマンスは、海外でも絶賛されました。

主将の須藤元気さんから上西さんは特別に評価を受け、このグループでの活躍を自他ともに望んでいました。

上西さん、WORLD ORDERを経て鉄棒ダンスへ

しかしダンスユニットで活躍中に腰痛で続行が困難となった上西さん、

筋力アップを強化し復帰を願います。

しかし始めた筋トレで、現在披露している鉄棒ダンスを知り、

そのことが、ワールドオーダーを卒業するきっかけとなってしまいます。

自己のパフォーマンスを追求するきっかけとなり転機を迎えます。

ストリートワークアウトを知った上西さん。

何でも夢中になるものがあると、普通でないのめり込み方をするのが自分であると自らを語る上西さん。

上西さん東大卒という事でも知られていますが、とことん極めるタイプでもあるとの噂です。

30歳から肉体改造をして、3年ほどでストリートワークアウトのパフォーマーとなりました。

その上にオリジナルな動きをも考えだしました。

ストリートワークアウトとは

簡単に言って自重トレーニングの事です。

公園などの遊具を使って肉体を鍛えます。

近年、この世界の専門家同士が、路上筋トレといって鍛えられた筋肉の技を競うコンクールを立ち上げています。

【ストリート、ワークアウト、ワールドカップ】といいます。

全世界10都市で開催されるほどコミュニティは巨大である。

これを見ていただくとわかりますが、スポーツの域を超えています。

ただの自重トレーニングを皆さん、もっと面白くさせたかったのかな?( ´∀` )

なかなかの想像力です。

上西さんは、このような技を進化させたスポーツ感覚のアートにどんどん魅了されていきます。

この競技のアートパフォーマンスの要素は、これまで【ワールドオーダー】

にて上西さんが培ったロボットダンス、アニメーションダンスと似ているところもあります。

ですから迷うことなく新たなパフォーマンスへ挑戦しやすかったともいえます。

鉄棒ダンスパフォーマーの夢を3年で叶えました。

そしてワールドオーダーからは卒業となりました。

スポンサーリンク

上西さん東大工学部在学中にダンスに夢中

東大では、勿論勉学を志しておりました。

北海道のご両親の期待も大きかったらしいです。

しかし大学のダンススクールに入りストリートダンスにはまってしまったのが、転機だったようです。

それ以降ダンス三昧の日々を送ります。

しかし10年前の当時は、現在と違ってダンスで食べていける世の中ではなかったのです。

だからまじめにちゃんと勉強をするべく、上西さんは大學院進学を目指していたようです。

でも進級できる最低の授業しかとらず、他は全てダンスに捧げていたそうです。

ダンスへの熱意はかなりのものだったようです。

ダンスと勉強三昧の東大も卒業の頃となりました。

そのころワールドオーダーの主将の須藤元気さんと出会うことになります。

ワールドオーダーの一員としてプロダンサーを目指す決心をしました。

この道を決めたのには当時の世相もあるらしく、ちょうど東北大震災の

年で世の中が暗く、上西さんは何とかダンスパフォーマンスで明るくしたい

と何か人に良い影響を与えられると思ったそうです。

本当にやりたいことを自問自答したらダンスだったそうです。

就職もせず大学院も行かずにダンサーになります。

ご両親は、当時は大反対だったようです。

そりゃそうですよね。(>_<)

 

上西さんの鉄棒ダンスの動画

 

いかがでしょうか?

このパフォーマンスは、想像がつくかと思いますが、30秒でもかなりきついのだそうです。

しかし、腰痛予防の筋トレがここまでのアートになるとは圧巻です。

きわめびとの上西さん、素敵です。(*^^*)

まとめ

実家が北海道の上西さん、何だかとても自頭が良いのです。

あまりに実家の周りが田舎すぎて、両親に大学は東京へ出たいと願った時のエピソードが面白すぎます。

両親に東京なら東大しか許さないと言われます。

でも「上京したい」というモチベーションだけで、見事現役ではないのですが合格するのです。

1日15時間の勉強をしました。

願いが叶う魔法を持っているような上西さん、やはり意志の強さと努力が

ずば抜けている天才でした。

現在は3人グループの活動をしています。

知名度アップに、ユーチューブ動画に力を入れています。

学園祭でのパフォーマンスも積極的です。

鉄棒ダンスはエアダンスと言うそうです。

これからのエアダンスの企画に大注目ですね。

きっと、パフォーマー以外に色々な試みを見せてくれることでしょう。

ダンス界が面白くなりました。

ありがとうございましました。

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました