唐田えりかさんの元カレは誰?東出氏との不倫の最中の恋か?

芸能
Processed with VSCO with c7 preset

唐田えりかさんの元カレは誰?東出氏都の不倫の最中の恋か?

Processed with VSCO with c7 preset

東出昌大さん、唐田えりかさんの不倫が、事務所側よりの「謝罪文」により

確定となり、「未成年不倫」「妊娠中不倫」など様々なバッシングが報道でされています。

中でも不倫最中に、新たな彼氏との交際の事実もあったという報道は

どういうことか調査してみました。

唐田えりかさんの2018年の元カレとは誰か、画像付きで紹介。

唐田さん、インスタにイケメンをアップして匂わせ。

東テレ放映キャンセルの唐田さん演じるドラマが不倫の内容。

まとめ

以上の内容でお送りします。

スポンサーリンク

唐田えりかさんの元カレとは誰か?

スポニチによると、2018年頃仕事仲間に盛んに彼氏との交際を

匂わせていたとの報道です。

2018年といえば、イケメン俳優中川健司さんと映画で共演している

唐田さんです。

報道では中川健司さんとの交際の事実が記事になっており、関係者からのリークではないでしょうか。

しかし6ヶ月の恋で、当時不倫関係にあった東出氏と元のさやに戻ったとあります。

本人の中での不倫への(罪の意識)がありこの新しい恋でもって

忘れたかったとあります。

しかし、彼女自身が未練タラタラでは長く交際は不可能ですよね。

映画の関係者の証言

「清廉潔白な男女の交際で、周囲に隠すことなく普通に恋愛を楽しんでいた」

18年夏から、少なくとも同年末までは親密な関係だった。

未婚女性の恋はノーマルですよね。

しかし、2017年には「寝ても覚めても」の撮影にて、本人も公言してい

るように「撮休でもずーっと東出さんと一緒だった」ということです。

この恋に関しては、健気に次のステップへ行きたかったと信じましょう。

唐田さんインスタに、イケメンをアップで匂わせ

 

中川健司さん以外にも、唐田さんがインスタにアップしている男性の

画像が注目されます。

中川健司さん以外に、瀬戸康史さん、濱田龍臣さん、伊藤健太郎さん、高橋一生さんなどです。

「私は、自分が気にいった男性しかインスタしません」と唐田さんコメントしています。

共演者との至近距離が近すぎて、ずっと日常も映画の続きのようになる、もしかして女優として大物か?

そんなにいいものか?真相はわかりませんが、匂わせは凄いです。

東テレ放映キャンセルの唐田さん演じるドラマが不倫の内容。

ドラマはテレビ東京100文字アイデアをドラマにした!」(月曜深夜0・12)で、2話ごとに出演者が変わるオムニバス作品。唐田は5、6話(2月3、10日放送予定)に主演。不倫発覚後も撮影に参加していた。

 放送は極めて難しい状況に陥った。不倫騒動に加え、その役柄に理由がある。唐田は本人役で、売れかけの女優という設定。劇中には、その女優が不倫をする姿が描かれていた。同作の関係者は「物語はフィクションですが、今となっては私生活とリンクしてしまう内容」と苦しい胸の内を明かした。

 さらになんと、セリフの中に「東出」の名前が。テレ東関係者は「本人役のため、唐田さんと打ち合わせをして脚本をつくっています。当初の台本には、唐田さんのセリフの中に交友関係のある東出さんの名前も入っていたそうです」と話した。

ここに至ってはもう、唐田さんという人格の問題になりますよね。

こんな私生活とリンクしたドラマも収録していたのですね。

唐田さんは、物凄く美形ではありませんが、年齢の割には声も落ち着いていて、特に最近の画像は、艶っぽいというかお綺麗ですよね。

女性は恋すると本当にきれいです。

仮想空間にて生きていくのは甘美です。

その意味でお二人ともその様な生活にこいをしていたのでしょうか?

その証拠に、ばれたらあたふた、これでは唐田さんからも興ざめですよね。

その傷ついた発言は、本当に墓穴を掘った東出さんでした。

まとめ

今回の事は、そもそも週刊文春に、二人の事をリークした人物がいるかのような始まりでした。

その後の展開もまるで想定内、むしろ好結果と幸いとする人もいるかの様に東出昌大氏への凄いバッシングの嵐でした。

まるで、かなりの打撃を受けることが目的の様にも見えてしまいます。

「芸能界、甘くない!」とばかりの(ドンファン狩り)でした。

東出氏は心底謝罪するが、それがまた滑稽に映るので何とも致し方のない熱愛の末路でした。

二人して恋多き俳優というレッテルが張られました。

また、杏さん側の苦しかった証言も様々暴露され、東出氏のファンもドン引きという追い込まれ様です。

「恋は盲目」なのか、「東出氏が愚か者」なのか、「ゲス不倫」報道の

二の舞を避け、謝罪を速めましたが、世論は想像を超えて厳しかったです。

お子さんの為に元の鞘に収まるというのもきれいごとにみえます。

それなら、こんな報道からお子さんを守る事は出来なかったのでしょうか。

杏さん側のブレーンの覚悟、準備はできていると著者は、一連の報道から紐解きました。

しかしその覚悟は余りに、杏さんを傷付けるものではなかったでしょうか。

哀れなドンファンの再起を祈りつつ終わらせていただきます。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました