鈴木杏樹と喜多村緑郎が不倫!浜辺のデートでキス(文春爆報)、妻(貴城ケイ)はインタビューで嗚咽…

芸能

鈴木杏樹と喜多村緑郎(きたむらろくろう)が不倫!浜辺のデートでキス(文春爆報)、妻(貴城けい)はインタビューで嗚咽…

 

週刊文春にて、またもやショッキングな不倫報道がされました。

女優に司会に忙しい、好感度ナンバー1の鈴木杏樹さん(50歳)が青天の霹靂の恋です。

浜辺でキスをしたり、2人並んで自撮りをしたり、もうゴールインを公言したかのような警戒のなさ

に驚きです。

文春報道最新の記事とは?

喜多村緑郎氏(51歳)とはどんな役者で、妻の貴城ケイさんとの出会いは?

など記載いたしました。

スポンサーリンク

文春報道で何が語られたか?

 

しかも画週刊文春の完全版には、上記の画像以外に砂浜で堂々とデートをする2人(マスク、黒ずくめ)の姿の画像が掲載されました。

画像の片方は、海をバックに2人で自撮りでまだ良いのですが、

もっとすごいのは、人気が無い浜辺とはいえはっきりとキスをしている画像も報道されたのです。

もし奥様の貴城けいさん(45歳)がこの画像を見られたらと思うと、言葉を失うほどにショックではないでしょうか。

また貴城けいさんにも文春の記者は、容赦なくインタビューをしています。

【都内の貴城の実家を訪れた、けいさんを直撃。】

【2人の関係を説明する記者に、少しずつ言葉を紡ぐ貴城さん。】

【私たちは仲良く生活をしています。私は夫の事を信じます】

【でも...それが事実だとすれば、それは許せないと思います。】

そして深くため息をつき堰を切ったように嗚咽し始めた貴城。

余りの記事に著者としては、貴城のその場を逃げずに堂々と答えたところが、流石に宝塚の元ト

ップスターの貫録だと思いました。

芸能人の負うべき責任を非常にようわかっているなと育ちの良さも感じました。

最後は

【人生を...返して欲しい】

聞き取れないほどに小さな声だったとあります。

鈴木杏樹と喜多村緑郎は、共演後急接近

「2人の出会いとなった“舞台”とは、昨年10月から1か月、京都南座で上演された藤山直美(61)主演の『喜劇 道頓堀ものがたり』です。実は11月4日の千秋楽前日、喜多村さんは自身のツイッターに、鈴木さんとの2ショットを堂々と掲載しているんです。心なしかお互い顔がゆるんでいるように見えますね」(芸能ライター)

このころから、2人の間には何か“ビビっ”とくるものがあったのでしょうかね。

とにかく鈴木杏樹さんという方はお綺麗なだけでなく、清らかで、共演される方々にかなり

うけがよいそうです。

喜多村緑朗氏の経歴と活動

喜多村氏は、幼いころから家庭環境も複雑で大変な苦労人です。

歌舞伎、新派の芝居の世界で生計が成り立つようになったのは、30歳からであったと語っています。

経歴を抜粋しました。

今が成熟期の正統派の俳優さんです。

 喜多村緑郎は、昭和63(1988)年3月に国立劇場の歌舞伎俳優研修を修了。

同年10月、市川段四郎に入門し、市川段治郎を名のります。平成6(1994)年に、三代目市川猿之助(現 猿翁)の部屋子となり、古典歌舞伎からスーパー歌舞伎まで、さまざまな演目で研鑽を積んできました。

平成16(2004)年には、歌舞伎座で『桜姫東文章』の清玄と権助を、平成17(2005)年、平成20(2008)年には、スーパー歌舞伎『ヤマトタケル』のヤマトタケルを演じるなど、活躍を見せた緑郎。平成23(2011)年には市川月乃助を名のります。

その後、平成28(2016)年1月に劇団新派に入団し、同年9月に喜多村緑郎を二代目として襲名します。

以降、『華岡青洲の妻』の華岡青洲、『日本橋』葛木晋三など新派の重要な役どころを演じるとともに、『海の上のピアニスト』でトランぺッターを演じるなど、ますます活躍の幅を広げています。

妻(嫁)貴城ケイさんとの出会いは?

このお二人には、お子さんがいません。

2013年に歌舞伎界、宝塚の方々の共演の様な豪華な結婚式を挙げられております。

お二人して長身で、美男美女を絵に書いたようなウエディングであったようです。

出会いは、2007年の舞台「愛、時を超えて∼遥かなる時空の運命~」での共演でした。

2012年より交際が始まっています。

その後は、貴城さんがノーギャラで舞台に出演するなど大変お互いを尊敬する、

仕事重視のカップルであったようです。

現在お二人の間には、歌舞伎の世界ではよくある養子縁組にて芸を継承するということが

なされているようです。

2011年に2代目市川月之助を名乗る方が、襲名披露をしていることから

喜多村さんの屋号名【市川段四郎】は、継承されていく様子です。

今回の記事にて、もしも離婚となれば多岐にわたり苦しい局面があるかと思います。

今後も情報をお届けします。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました