鈴木杏樹さん、喜多村氏との別れを決心か!?不倫発覚後の3者の動きを調査。

芸能
スポンサーリンク

鈴木杏樹さん、喜多村氏との別れを決心か!?不倫発覚後の3者の動きを調査。

女性自身の報道によりますと

鈴木杏樹「交際続けない」再婚の夢から一転、反省の破局決断

とありますね。

杏樹さんは、夫との別離を仕事をする事で懸命に乗り越えました。

最近は、【ZIP】 【相棒】とシリーズが終了を迎える仕事が重なり、寂しさは

あったかと思う、と関係者は語っています。

元々受け身で理知的な杏樹さんです。

今回の事を、きっと人生の先輩に色々相談されたのではないでしょうか。

一つの結論が出たようですね。

この結果に至った背景を中心に、喜多村氏の関係者が語る「夫婦不仲説」とは

何で、貴城けいさんとの離婚は可能なのか、などについて調査しました。

スポンサーリンク

鈴木杏樹さんが下した決断の背景とは?

 鈴木にとっては、喜多村は心の隙間を埋めてくれるような存在だったのかもしれないが、貴城の心にはそれ以上の隙間を作ることになってしまった。

杏樹さん、本気でこの恋が成就すると思っていたと思うし、双方遊びでは

なかったと思います。

では今回杏樹さんが、諦めが早かったのは何故でしょうか。

報道が、ほぼバッシングであった。

貴城けいさんのショックを知った。

道ならぬ恋に踏み切らないと気づけなかった。

今後続くであろう苦難を超えるほどの情熱はない。

良きアドバイザーがいた。

以上の見解が報道から読み取れました。

過去にある女優さんで、かなり激しい不倫の逃避行、失踪の末、今は幸福な

家庭を持っておられる方を観察すると、若い時は歴史が浅いし痛手も少ない

です。

しかし、喜多村氏も新派の看板男優さんですし、ごひいき筋の信用もあるでしょう。

今後の経済を含め足元から崩れるような再婚に賭けると、そのリスクの為に

お互いが潰れることもありますよね。

今回下した決断「きっぱり会いません」は賢明です。

きっと良い仕事や出会いがあると思います。

スポンサーリンク

鈴木杏樹さんは何故、冷静さを見失ったか。

夫婦問題研究家・岡野あつこさんは言う。

「死別の場合、再婚せず、いい思い出を残して独り身で過ごす人は多いです。次の恋愛に移るとしても死別から5年以上はかかるのが一般的ですね」

岡野さんは「不倫は絶対に許されないこと」と断じる一方で「死別した女性は恋愛に疑いを持ちにくい」とも説明する。

「離婚と違って男性の“ネガティブな部分”を見ていないので、男性を信じやすく騙されやすい面があります。だから不倫男の常套句『妻とうまくいっていない』、『もうすぐ離婚する』といった言葉も信じやすい傾向があるんです」

彼女の50歳という年齢も大きく関係しているのではという。

「40代ではまだ感じなかった“衰えていく自分”を意識する年齢なんですね。自分の中で人生の焦りを感じて“女性としてこのまま誰とも付き合わず、人生を終えるのか”と考えてしまうんです。『もう一度、恋を……』という心境になったのかもしれません」

50歳でもわからないことだらけですので、温かい目でみましょう。

瀬戸内寂聴さんは、「この方は男運が希薄なのね」といった内容の事を述べていました。

著者は、単に色恋沙汰など知らずに、経験不足のまま成長されたのだと思います。

スポンサーリンク

夫婦不仲説は、もはや問題ではない

(舞台関係者)

この関係者によれば、喜多村は近年、夫婦仲に溝ができていたという。

「確かに2~3年前から喜多村さんの結婚生活はうまくいっていないと聞いています。聞けば、奥さんは実家に戻って自宅に帰ってこないことも多かったそうです。彼も杏樹さんと親密になるなかで身勝手に“違う人生”を思い描いていたのかもしれません」

杏樹をよく知る仕事関係者も、こう証言する。

「7年前に旦那さんと死別してしばらくしてから『自分の今後の人生を、ようやく考えられるようになった』と話していたことがありました。『このまま、今後私1人で生きていくのかな?』と淋しさを感じることも多くなっていたようです」

この報道は、貴城けいさんの文春記者のインタビューに答えたのとは

食い違っております。

貴城さんは、「私達夫婦は上手くいっております」と答えております。

今回ばかりは、喜多村氏の擁護に聞こえる報道は逆効果な気がします。

例えそうであっても、貴城さんと向き合う前に軽はずみな行動をしたわけです

ので、貴城さんの見解が出る前に、ただでさえショックな関係者の気持ちを考

えると、少々マスコミのおごりを感じます。

喜多村氏も関係者各位に注意を払うべきではないでしょうか。

スポンサーリンク

喜多村氏貴城さんとの今後は?

最終的にはお二人が、芸に打ち込みながら支え合えるかどうかですが、

時間がかかるでしょうね。

しかも今回貴城さんは、出し抜かれた形があまりに多いから、信頼を失っています。

社会的にも恥をかかされました。

ちょっと厳しいかもしれませんね。

金銭面の事は、お互いがそれを口にした段階で、もう終わってしまいますよね。

でもあり得ると思います。

愛情が故に支えたのであれば、悔いはないし仕方ないことですが、悔しいと思います。

恩を仇で返されたわけですから。

喜多村氏の優しさが仇となった感もあります。

そして夫婦不仲説まで喜多村氏は舞台の関係者、杏樹さんへ愚痴っていたわけですから、罪深いです。

夫婦で向き合うべきですよね。

どんな言われ方をしても、2人の女性を失っても仕方ないと思います。

やはり不倫は、泥沼化しますよね。

最も美しいはずのものが汚くなります。

今後の経緯を見守りましょう。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました