自粛ストレス解消に漢方入浴剤がオススメ。山田美保子の芸能人楽屋話よりご紹介。

生活 住

自粛ストレス解消に漢方入浴剤がオススメ。山田美保子の芸能人楽屋話よりご紹介。

コロナ自粛生活も次第に落ち着き、県外移動も始まりました。

しかしコロナ前、後で比べるとまだまだ閉塞感がある生活に変わりはありませんね。

マスクもエチケット化され暑くてもずっと付けたままですからね。

ところで本日は、芸能レポーターでエッセイストの山田美保子さんが、薬用の入浴剤を

オススメしていました。

芸能人の楽屋話からの情報らしいのですが、漢方薬の入浴剤という真から暖かくなる

結構効き目がある入浴剤でしたので、どんなものかを調査しました。

暑い夏でも、冷房で冷えた体がほぐれますよ。冬は冷え性対策になります。

山田美保子レポーターの話

山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。

放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。

ビューティーセレブというべき女性タレントやモデルさんの間で赤丸急上昇中。

明治27年に薬屋転業の老舗医薬品メーカー、京都の『亀田利三郎薬舗』の入浴剤。

生薬配合の天然漢方スパハーブ「六神シリーズ」だ。 

コロナ禍であれだけ旅番組や情報番組でお世話になってきた京都に行けないタレントたちの間で「京都ロス」も起きている昨今。

「京都人の知恵」と「漢方の叡智」によって開発された天然漢方スパハーブ。夏の養生の必需品になりそうだ。

今回エンタメ業界は大変なコロナ禍でしたね。

そんな中ステイホームでも、体を絞り、美を保持する為の努力を怠らない女優さんは大変ですね。

意外に自宅で皆さん同様入浴も楽しむと知り、親近感がわきました。

亀田利三郎薬舗は京都老舗

このお店は、【六神丸】という万能薬一筋に京都で100年も前から、人々の健康に

貢献されたお店です。

麻実れいさん(女優、元宝塚歌劇団トップスター)口コミ

わたしがはじめて宝塚で主役をいただいたとき、衣装担当の方から、「なにかあったら、この薬を飲んだらいいですよ」と手渡されたのが六神丸でした。膨大なセリフやダンスを覚え、みんなを引っ張る立場であり続けないといけない主役。緊張や疲労と隣り合わせの生活を送るなか、六神丸は、心身ともにわたしを助けてくれました。貧血、動悸、腹痛、胃の不快など、やさしく確実に効いてくれる六神丸のおかげで、舞台を休んだことは一度もありません。海外公演のときもかならず持っていきます。どこへ行っても六神丸は、わたしにとって欠かせない薬です。

この様な不調は女性なら誰でも経験がありますよね。

著者は長年煎じ薬を服用していました。更年期を救われました。

煎じ薬はとても高いのですが、保険適用が有り便利になりました。

東洋医学も知っておくと便利です。

ここの生薬を試しましたが、サプリメント感覚で便利で体調維持に効きました。

女性の体には冷えが大敵ですので、是非天然由来の入浴剤をおすすめですよ。

入浴剤薬用ハープは、こちらからも購入できます。

ホームページ

Kameda

入浴剤は6種類

1うるおって、しっとり色白        「白虎ゆ」びゃっこゆ

2やさしいお湯ですべすべ肌      「青龍ゆ」せいりゅうゆ

3香雅な香りときりっとした湯あがり  「勾陳ゆ」こうちんゆ

4清澄な香りで深いリラックスを促す 「騰蛇ゆ」とうだゆ

5体の奥はあったか、肌はすっきり  「朱雀ゆ」すざくゆ

6しんの芯からぽっかぽか       「玄武ゆ」げんぶゆ

天然漢方スパハーブならではの商品名ですね。

原材料は、ホームページにありますよ。

本日は、著者も愛用の体ポカポカ、筋肉もほぐれる入浴剤をおすすめしました。

山田美保子さんや、芸能人の方の間でも評判とは驚きでした。

是非ともストレス解消にご使用いかがでしょうか?

ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました