斎藤県議の評判と経歴は?発行文書(ワクチン殺人兵器)って本当?

トピック
斎藤県議の経歴は?発行文書(ワクチン殺人兵器)って本当?
福井県の自民党県議斎藤氏が、「ワクチンは殺人兵器」などとする、独自の見解をまとめた文書を配布していたことが「週刊文春」に報道されました。
結論から言えば物凄い体制批判であり勇気ある行動です。
しかし文書のソースがどうなのかという立場に立つと、現役県議のインパクトのある文書発行に至った経緯が気になります。
今後この文書の内容が真実かどうか、何故この時期に配布なのかをめぐり波紋を呼ぶと思いました。
またまた気になる文春砲です。
この記事は、【斎藤県議の評判と経歴は?発行文書(ワクチン殺人兵器)って本当?】

と題して記載しました。

スポンサーリンク

文春での報道

〈ワクチンなど必要ありません。今回のワクチンは人類初の遺伝子組み換えワクチンで、「殺人兵器」ともいわれています〉

さらに、斉藤氏はこの文書で、コロナ騒動は「ディープ・ステート」という「闇の勢力」が計画したものであり、マスコミが恐怖心を煽り、世界中の人々にワクチンを強制接種させて人口削減を進めるつもりだなどと主張している

仮にコレが真実として、現在ファイザー社のワクチンを摂取している方々は死ぬのでしょうか。

即効性がないなら若い人は絶対に止めたほうがいいということでしょうか?

【闇の勢】って何?何故こんな議論をもっと早くに自民党内部、国会でされなかったのでしょうか?

そのほうが怖いし、知りたいですよね。

ソースの出どころがイマイチわからないワクチンの危険性については、沢山のユーチューブ配信があります。

それを信じる方々が、「摂取はしない」「これまでも感染しなかったから」と著者のまわりでも口々に語っています。

いつも此の様な議論は、水面下で行われます。

基本、薬やワクチンでも摂取しないがいいに決まっています。

でも実際に感染しながら戦っている医療従事者の立場はどうなるのでしょうか。

選択出来る状況でしょうか?

安易に文春報道でこのような重大な報道を知らされるだけに国民は、【国家への信頼】というものの落とし所にいつも翻弄されている気がいたしました。

斎藤氏の文書とは?

また、斉藤氏は河野太郎ワクチン担当相に「ワクチンを遅らして」とメールしたが、返事は来ていないという。

引用元 文春

斉藤県議は2月22日付で発行した活動報告書で、「新型コロナ騒動は『闇の勢力』が随分前から計画したもの」「(計画は)ウイルスを開発し、ドローンを使って世界に散布する」などと記載。そのうえで、ワクチンを世界中の人々に強制接種させ、人口を削減する狙いがあるなどと主張し、「人類初の遺伝子組み換えワクチンで、『殺人兵器』ともいわれている」などとも書いている。

福井県畑孝幸議長は「あくまでも議員個人の見解で、議会としてコメントするつもりはない」としている。

引用元 読売新聞

著者は兵庫県に在住しています。県知事が自民党で非常に自民党基盤が良くも悪くも強いです。

なので自民党県議会議員がこのような文書を配布事態あまり観たことはありません。

斎藤氏のような自民党重鎮の県議会議による体制批判なんて考えられません。

その意味では福井県の自民党体制は開かれていて、本音で皆で議論をするといった風潮を評価したく羨ましくは思います。

しかしこの内容の配布では少々インパクトがありすぎて、非難の対象でしかありません。

残念です。

河野太郎ワクチン担当相に話が通らない段階で、自民党の有志を集め専門家委員会など検討をされたのでしょうか。

斉藤新緑の経歴

スポンサーリンク
名前 斉藤 新緑 (Saito Shinryoku)
ふりがな さいとう しんりょく
住所 坂井市三国町池上47-18
電話番号 0776-81-4043
選挙区 坂井市
所属会派 県会自民党
所属委員会 産業常任委員会 委員長
予算決算特別委員会
主要役歴 第91代 議長
第93代 副議長
当選回数 6回

1999年、県議選で初当選して以来、6期連続当選してる。

2007年4月、福井県議選で当選。

2011年4月、福井県議選で10434票で当選。

2015年4月、福井県議選で無投票当選。

2019年4月、福井県議選で11245票で当選。

一昨年の県知事選では元総務官僚の杉本達治氏の選対本部長を務め、初当選に導いた立役者です。福井自民党のナンバー2で、“若頭”と評される。国会議員も彼に一目置いています」(地元記者)

経歴を見る限りでは、地元での評判は良いと思います。

斉藤新緑の文書の評判

おじま紘平(東京都議会議員・練馬区)@ojimakohei反自粛・反ワクチンをこじらせすぎて陰謀論にハマってしまう人、政治家でもたまにいるんだよな。実物も読んだけど、広報誌というより怪文書でした。ワクチンデマは「言論の自由」で済まされません。元議長で県連幹事長も務めた重鎮がこれだと、福井県自民党もキツいだろうな。

文書を配った斉藤新緑のホームページ見たら、陰謀論ばっかりでヤバい人と分かったのでそっと閉じた。

やはり此の様な投稿がツイッターに多く、ただの陰謀論者と言われるのであります。

新型コロナウイルスのワクチンへの文書ということで地域住民の方もナーバスになっているようです。

福井県議会も文書においては、厳重な注意を斎藤氏にしたとあります。

勿論此の議論には賛否両論あると思いますが、エビデンスに則った資料と冷静な議論をお願いしたいです。

まとめ

本日は、【斎藤県議の評判と経歴は?発行文書(ワクチン殺人兵器)って本当?】と題して記載しました。

斎藤新緑氏の個人攻撃はやめるとしても、此の様な活発な意見交換をもっと早くに自民党内で行える雰囲気が必要かと思います。

文春報道で見る限りでは、稲田朋美氏の名前も出てきており福井県制にも大きな影響を与え、【(ワクチン殺人兵器)】の言葉だけが一人歩きをしていると思いました。

斎藤氏のこれまでの経歴も侮辱されそうな事が残念です。

本日はありがとうございました。

スポンサーリンク