東急ハンズ池袋店閉店の理由は?安売りセールの時期や跡地はどうなるかを調査。

トピック
東急ハンズ池袋店閉店の理由は?安売りセールの時期や跡地はどうなるかを調査。

雑貨大手の東急ハンズは3月19日、オープンから37年目の池袋店を9月下旬に閉店すると発表しました。

 

店舗老朽化に伴う改築はぜす、コロナ禍の前から既に閉店を視野に検討を続けていたという事です。

 

しかし、2020年12月末には東急ハンズ三宮店が閉店し、続いて川崎ダイス、国分寺、今回の池袋店の閉店は気になります。

 

東急ハンズ池袋店の閉店の理由、閉店セールなどの情報、跡地のテナントなどについて調査しました。

スポンサーリンク

東急池袋店閉店の理由。

東急ハンズ池袋店は「住友生命池袋ビル」の核テナントとして1984年9月に開業。売場は1階から8階まで、店舗面積は6,390㎡で、同社の旗艦店として知られる。
中略。
池袋駅近くではマルイが閉店を発表しているほか、飲食店の撤退も目立っており、コロナ禍の影響が非常に大きなものとなっている。
引用元 都商研ニュース
テナントではなく、マルイや東急ハンズの様な大きなビル全てが店舗の大型店は、
通りの顔でもあります。
池袋のサンシャインも老朽化といえばそうです。
周辺の街全体の景観の変わり目の時期はいずれ到来しそうですね。
それを見据えた時、東急としてもそこにある既存のものをリニューアルするプランはなかったということでしょうか?
またこのあたりにはドン・キホーテなど新たなコンセプトの店舗があるので、激戦区でもあるとの見方があります。
 東急ハンズによりますと、新型コロナウイルスの感染拡大前から、閉店を視野に検討を続けていたとのことで、売り上げの減少が閉店の理由ではないとしています。  東急ハンズは、全国に50店舗ありますが、大型店舗が閉店するのは池袋店が初めてだということです。
池袋店は老朽化が進んでおり、改装などをしても十分な費用対効果を得られないと判断した。今後は新宿店や渋谷店など他の主要店へ投資を集中する。
と多くの報道で東急の考えを伺い知ります。
たくさんの店舗を維持する上で事業の基盤強化をするという考えです。
閉店の理由が収益の減少ではないとハッキリ東急側は述べています。
その意味では安心したいですね。
ブランドの方向性が変化を迎えているのは間違いないです。
その証拠に、新たに東急ハンズ店を開店させている地域も多くあります。
しかしともすれば収益の低下はこの時期、東急の問題だけではありません。
東急ハンズは新型コロナウイルス感染拡大の影響で、店舗の休業や時短営業を行い、今年度は営業損益が赤字に転落することを予想しています。オンラインストアやネットでのアバター接客など、デジタルの活用に力を入れて業績の回復を狙います。

東急ハンズ閉店に伴ってセールはあるの?

これに関しては最も関心事ですがまだ発表はありません。

 

それでは、既に閉店をした三宮店の閉店時のセール案内があるので記載しましょう。

東急ハンズは、32年にわたり営業してきた三宮店(兵庫県)の営業を12月31日に終了。閉店にあたり、11月20日から「大感謝SALE」を開催する。

セール期間中は、キッチン・バス・トイレ用品ほか、DIY・クラフト用品やバラエティ用品、ステーショナリーなど全商品が表示価格の2割引きになる(ダイアリー・カレンダー・年賀用品・クリスマス用品・イベント商品など一部商品を除く、店頭在庫のみ)。

 また、32年の歴史や思い出がよみがえる写真やグッズなどを展示するイベント「東急ハンズ三宮店メモリアル」ほか「クリエーターズ・マーケット」や「鉄道博」も開催する。

引用元  トラベルウオッチ

閉店前約40日間ほど感謝セールがあったのでこれは大いに参考になりますね。

 

また【三宮店メモリアル】とありますので、池袋店も何らかのお別れに相応しいイベント

セールは絶対にあると思います。

スポンサーリンク

東急ハンズ池袋店の跡地はどうなるの?

此方も全く発表はありません。

 

老朽化で閉店の場合は建物のビルも古いので大体ビル解体更地というのも考えられます。

 

しかし周囲の開発と微妙に関わるので繁華街の盛衰にも関係します。

現在三宮の跡地は、こんな感じです。

ずっと店がしまった状態では美観も悪く、三宮は周囲が地価も高い繁華街なので跡地の再開発は早いとは予想されます。

 

東急ハンズ心斎橋店は最近心斎橋パルコに移転をしました。

 

跡地はこんな感じですが、此方は既に動きがありました。

今後ビルのリニューアルなのか、更地での再開発なのか先が楽しみです。

日本リテールファンド投資法人は20日、東急ハンズ心斎橋店が入る「大阪心斎橋8953ビル」(大阪市中央区)の不動産信託受益権を売却することを決めた。譲渡価格は149億円で、譲渡先は非開示としている。21日に契約を結び、8月30日に引き渡す。引用元  不動産Real Estate

東急ハンズ池袋の跡地は、2021年現在は大部分がヒューリックの所有となっています。

池袋のサンシャインへ行くまでの繁華街との微妙な関係は、跡地がどんなテナントになってもうウインウインの関係が望ましいのでしょうね。

今後東急ハンズの跡地の顔ばかりが目立たないことをファンとしては切に願います。

まとめ

これまで時代の最先端を走ってきた東急ハンズブランドは、確かに製品はグレイドが高いです。

しかし同じ様な価値観の店舗が山のように台頭してきて、そのオリジナルブランドは価格において苦戦を強いられたのではないでしょうか。

現状は混沌とした経済不況が強いられますが、無くてはならない日用雑貨に変化をもたらし店舗を維持して拡大させてほしいですね。

本日はお読み頂きある難うございました。

スポンサーリンク